SHARI

T邸

フィッシングのお好きなホームオーナーが、リンダルホームの「トラウトイン鱒や」に宿泊されたのがきっかけでした。大きな吹き抜けのリビングと、2階にはオホーツク海と斜里岳を眺めながらくつろげるスペースにこだわって建築しました。

新着情報 For Japanese only

Blog
News